EC・Webマーケティング, 事例・研究

父が『ステージⅣの癌』になりまして。

 

ブログのタイトルのとおり、ここ2ヵ月は、癌を患った父と治療方針の再考など「命」という人類最大のテーマで動いていました。

・父72歳(糖尿病・高血圧)
・余命3ヵ月
・オペ適応外

という初期診断だったのですが、本人・親族からしてみると根治を求めたくなり、色々と調べて・実際に訪ねて・話しを聞いて・決断する・を繰り返していました。

 

癌を克服した師匠の「活躍の年代だね」という言葉に励まされることに感謝しつつ 涙!

 

ネ申~~~!!!

 

思い起こせば師匠から「免疫」について、色々と教わった事など、凄く有難い事だなぁと。

【過去の会話は大きな資産】という事も再認識させてもらいました。

 

前段、長くなりましたが

『癌の闘病』から教わったことをシェアしたいと思います。

 

 


【目次】

1)「感情」と「数値」

2) 平時から

3) とらえかた


 

 

1)「感情」と「数値」


 

余命宣告をされますと、父とわたくし含めた親族一同、修行不足のため絶望感に覆われました。

Googleさんに「虫垂癌・腹膜播種」と問い合わせ、生存率や手術による根治の可否、治療方法などなど、得た情報から

関西方面の名医と呼ばれる医師が在籍する病院でオンラインのセカンドオピニオンを予約したところ、ラッキーなことに画面の向こうに待機されていました。

そして、希望の一言が・・・。

 

「お腹の中を見てみないと分からないけど、可能性は0ではない。ですよ。

でした。

 

父・私 「えっ?根治の可能性あるってこと?」

 

(一気にテンションが上がります。)

続いて

 

1)癌を完全に取り切れた場合
2)癌が残ってしまったレベルごと
3)それぞれ5年後の生存率
4)術後、合併症の発生率と死亡率

 

以上が、先生から説明されるのですが

絶望の中に見つけた「希望」のため、全てが脳内、、、というより心がポジティブに処理していきます。

 

手術適応「可」と診断されても、術後の合併症リスクなどを考え
「慎重に判断しないとねぇ」と父と会話をした後

 

ん?ちょっと待って。

「前提条件を聞き逃したなぁ」

と、一人モヤモヤしてきました。

 

生存率って、、、、

 

・年齢は?
・糖尿や高血圧など他の疾患者は?
・ケモ中の患者は???

 

同先生が、ある講演で使用した資料には
患者様の平均年齢は60歳。と記載がありました。

 

今回の場合、「病は気から」とも言われているとおり、「生きる力」にもつながるため、個人的には細かい条件は伏せた方が良いと思いますが

(実際に希望が持てました)

 

Wew広告運用・デジタルマーケティングの結果(数値)に関して、近いことが起きてるんじゃないかなと。

 

・前提条件が不足してない?
・ネガ or ポジに受発信してない?
・内外部要因の情報は不足してない?

 

などなど、深く掘り下げる事によって気づく事は多々ありますよね。

 

仕事では『超客観的に数値を読む』が普通になっていますが(と思っていましたが)

「生と死」「命」というテーマに身を置いた瞬間、「超客観的に」を一時的に忘れてしまった自分を発見しました。

 

ということは、、、

仕事でも、「何か」がトリガーになって

 

・焦ったり、ネガ・ポジになりすぎたり

 

知らずに、、、数値を客観的に見れない時ってあるのでは?と思った次第です。

 

みんさんは、大丈夫ですよね?

 

 

2)平時から


 

もう一つ、この2ヵ月で教わった「当たり前の事」があります。

 

それが、見出しの「平時から」です。

 

コロナ禍で再認識した方は少なくないと思いますが

「平時から」備えるとか・チャレンジするとか、簡単そうですが

これホントに難しい。

 

癌に特化した「備え」って、なかなかできないと思うのですが

父は「保険・免疫力・食事・定期健診」など、身をもって教えてくれました。

 

EC業界で考えてみると

コロナ禍によって、EC事業に新規参入する企業様は増えていますが

 

正直、ホンネは

「もっと前から参入しておけば良かった」

だと思うんです。

 

この観点から、少し具体的な領域に下げてみると

 

・薬事法(本日のmtgで指摘を頂いたので・・・)
・動画施策
・コミュニケーションの開発
・媒体開拓
・効果測定
・CRM関係を諸々
・メール
・LINE対応
・データ解析を諸々
・導入してみる?系
– バンディット
– クリエイティブテスト
– RPA
– MA

 

などなど

 

自社にとって「平時のうち」にチャレンジすべき要素って、たくさんあると思うんですよね。(たぶん)

 

場所・時間を変えてみて考えると、色々と整理できるかもしれませんね!
(自分だ!!!)

 

 

 

3)とらえかた


 

父の症状は、名医の腕をもってしても「手術適応外」という診断でした。

虫垂癌が原発巣の、腹膜播種・大腸・小腸まで転移。

今後は、抗がん剤治療と並行して免疫治療を検討中です。

 

オペによる根治が不可という事で、最初はガッカリしましたが

何よりも父の中で、選択肢の一つが無くなり、スッキリした様子ですし、苦しいケモから1ヵ月ほど解放され、人間らしい生活が出来た事も良かったです。

 

私個人としては、20数年ぶりに、父と一緒に過ごす貴重な時間を得る事ができました。

・食事や移動時間に、色々な話しができました。
・サプライズもありました。(汗・笑)
・綺麗な景色も観れました。
・「感謝・有難い」という言葉が自分の中で一皮むけました。

 

まだまだ、治療のサポートは続きますが、「活躍の年代」という言葉を胸に刻みながら、自分自身のためにも、サポートを続けます。

 

昨日、師匠から「お父さんに、ご自宅で」とギフトが届きました。。ホントに、、

感謝しきれません。。。恩送り、恩返しをするぞ。と。

 

 

 

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
宇都