バナー広告改善(ABテスト)

ここでは「バナー広告」に特化したABテストに関するコラムを紹介します。
 
バナー広告におけるABテストの対象は、①「オーディエンス」、②「画像(バナー)」、③「テキスト」の3つです。重要なことは、「画像」の検証を最後にするという点です。理由は、「画像」の検証が最も工数・時間を要するからです。「訴求の切り口・言葉(テキスト)」がリスティング広告で正解を得たならば、「配信対象者グループ(オーディエンス)」に向けた「言葉(テキスト)」のテストをします。具体的な検証方法に関してはコラムで解説します。

  1. ABテストのやり方<バナー検証>

    広告効果の改善

    ABテストのやり方<バナー検証>

    「誰に」「何を」「どうやって」自社商品・サービスの魅力を伝えるか『訴求』を決めた後は、いよいよ検証です。本コラムでは、バナー広告を利用して『訴求』をABテスト…

おススメのコラム

  1. ABテストとは?今さら聞けない基本の「キ」
  2. ABテストの検証方法<Google採用のカイ二乗検定>
  3. 広告事業主が押さえるべきCookie規制の「影響」と「対応」…
  4. 【前編】売上を大きく左右する「ページ読み込み速度・表示速度」…
  5. 【初期設定】Googleアナリティクスの導入方法を「4ステッ…

短期集中!連載コラム

  1. 【第1回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあ…
  2. 【第2回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあ…
  3. 【第3回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあ…
  4. 【第4回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあ…

売上を最大化する広告効果改善サービス『DATAD(データード)』

書籍のご案内

ECサイトの総合支援サービス『ECフルポート』

PAGE TOP