【Meta広告】コンバージョンAPI_メリットと導入方法を分かりやすく解説

広告効果の改善

【Meta広告】コンバージョンAPI(CAPI)とは?「メリット」や「導入方法」を分かりやすく解説!

Meta広告(Facebook、Instagram)の利用者にとっての必須テーマ「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」。「どういう仕組みなのか?」「システム上のリスクはないか?」「導入するとどんなメリットがあるのか?」など。本コラムでは、「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」について解説します。

 

【目次】
1.Meta広告コンバージョンAPIとは?
2.Meta広告コンバージョンAPIの重要性と誕生背景
3.Meta広告コンバージョンAPIのメリット・デメリット
4.Meta広告コンバージョンAPIの導入方法
5.Meta広告コンバージョンAPIのまとめ

1.Meta広告コンバージョンAPIとは?

Meta広告コンバージョンAPIとは?

 

「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」とは、「Cookieを使用せずに、サーバー経由でMeta広告のコンバージョンを計測するための手法」です。

具体的には、「広告主が持つサーバー」から「Meta社の広告サーバー」へ「イベントデータ」を直接送信する仕組みです。
※Metaビジネスヘルプセンター:コンバージョンAPIについて

<補足>
※正確には、「コンバージョンAPI(CAPI)」という技術そのものは、各媒体によって開発されています。
 例:YDA(Yahoo!ディスプレイ広告)、X(旧Twitter)、LINE、TikTok、Pinterest

※本コラムでは「Meta広告(Facebook、Instagram)」にフォーカスして解説します。

 

詳細は「メリット・デメリット」の章で記載しますが、
従来の計測方法と比較すると以下のような違いがあります。

 ● 従来の「Metaピクセルタグ*」による計測
  From)Webブラウザー ⇒ To)Meta社の広告サーバー

 ●「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」による計測
  From)広告主が持つクライアントサーバー ⇒ To)Meta社の広告サーバー

コンバージョンAPIの概要図

 

*Metaピクセルタグとは?
Webサイト上に埋め込む「計測タグ(JavaScriptのコード)」の事です。
設置する事で、「ユーザーがWebサイト上で実行したアクション(イベント情報)」を計測できます。
Meta広告(Facebook、Instagram)では、「計測タグによって取得されたイベント情報」と、「Meta社が保有するユーザー情報」を照合して、マッチしたユーザーをターゲットとして抽出し、広告表示する仕組みになっています。
※Metaビジネスヘルプセンター:Metaピクセルについて

2.Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)の重要性と誕生背景

Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)の重要性と誕生背景

 

「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」が誕生した大きな背景として、「Cookie規制の影響」が挙げられます。
※今さら聞けない『Cookie』とは?

EUを筆頭に、アメリカや日本でも「個人情報保護」や「プライバシー尊重」の機運が高まっています。
やがて、「Cookieを用いた個人情報の追跡」が問題視されるようになりました。

 

従来のコンバージョン計測で使用されたのはWebサイトに設置した「Metaピクセルタグ」でした。

従来の計測

 

 

そこで、影響を回避してコンバージョン計測する方法として「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」が誕生しました。(※下図参照)

CAPIによる計測

 

<補足>
「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」は、Metaピクセルタグでは計測し切れなかったデータを補完するものです。
そのため、従来の「Metaピクセルタグ」と ”併用” するカタチで運用する事が、Meta社から推奨されています。

Metaピクセルに加えてコンバージョンAPIも利用し、両方のツールを使って同じイベントを共有します。ピクセル経由で共有するイベントはコンバージョンAPI経由でも共有すること(冗長イベント設定)をおすすめします。

※Metaビジネスヘルプセンター:コンバージョンAPIのベストプラクティス

3.Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)のメリット・デメリット

Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)のメリット・デメリット

 

【メリット】
以下の2つがメリットです。

1)コンバージョン計測の精度向上
2)広告配信の最適化(パフォーマンス改善)

 

1については、既に述べた通りです。
「Cookieを使用せずに、サーバー経由でMeta広告のコンバージョンを計測するための手法」が「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」です。
そのため、コンバージョン計測の精度が向上します。

 

2については、個人情報など、Metaへ送信できる情報が広がる事が要因となります。
従来のMetaピクセルタグと比べて、最適化が働きやすくなります。
※Meta for Developers:顧客情報パラメーター – コンバージョンAPI

 

<補足>
「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」の数値改善事例は、Metaの公式サイトから確認できます。

● 通販番組(生放送テレビショッピング)
Halo Offer:FacebookコンバージョンAPIでキャンペーンパフォーマンスを把握

● インテリアEC
Life WareHouse:FacebookコンバージョンAPIでキャンペーンについて詳しいインサイトを得る

● スニーカーEC
via SANGACIO:コンバージョンAPIで成果を拡大

● 求人情報サイト
エン・ジャパン株式会社:コンバージョンAPIの導入で会員登録単価が劇的に改善

● アパレルEC
Thousand Miles:コンバージョンAPIでインクリメンタルな効果が向上した結果に

● エステ
Body Archi Japan:コンバージョンAPI、Metaピクセル、追加のパラメーターを活用してパフォーマンスを改善

● スキンケアEC
株式会社LIGUNA / あきゅらいず:コンバージョンAPIゲートウェイとMetaピクセルの併用で、シグナル強化とパフォーマンスの向上を実現

● 健康食品EC
株式会社フィネス / 豊潤サジー:コンバージョンAPIゲートウェイとMetaピクセルの併用で、シグナル強化とパフォーマンスの向上を実現

 

【デメリット】
「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」を導入した ”後”のデメリットはありません。
しかし、導入する ”前” には、以下の3つの観点で「ハードルが高い」という課題があります。

 1)実装工数・費用
   専門知識を持ったエンジニアによる設計と実装が必要です。
   そのため、時間とコストがかかります。


 2)プライバシーポリシーの改定
   従来のMetaピクセルタグでも、一部の個人情報をMetaへ送信する事が可能でした。
   ※Metaビジネスヘルプセンター:ウェブでの詳細マッチングについて

   ですが、「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」の導入に際して、
   Metaへ送信する個人情報を増やす場合には、法務部との確認・調整が必要になります。
   安全にサーバー間で通信でき、その情報をリッチにすれば、最適化が働きやすくなります。

   ゆえに、「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」の導入に伴い、
   取り扱う個人情報を増やし、プライバシーポリシーを改定するケースが多いです。


 3)マーケ担当者の理解
   実装にはマーケティングや広告担当者の「領域外のテーマ」が複数存在します。
   全てを把握する必要はありませんが、第三者の協力を得るには「最低限」理解すべきです。

4.Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)の導入方法

Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)の導入方法

 

「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」の導入で必要な手順は、以下の4ステップです。

1.▼ 送信する情報を決める
2.▼ 送信するイベントを決める
3.▼ 実装する
4.▼ テストデータを送信する

 

【ステップ1:送信する情報を決める】

始めに、「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」で「Meta社の広告サーバー」へ送信する「情報(パラメーター)」を決めます。
例えば、「サーバーイベントパラメーター」では、以下の4つが「必須」となります。

 1)event_name:標準イベント・カスタムイベントの名前
 2)event_time:上記のイベントが発生した日時
 3)user_data:ユーザーに関する情報
 4)action_source:コンバージョンが発生した場所

 

Meta社の必須・推奨パラメータをなるべく多く採用する事で、計測精度や数値パフォーマンスが改善されます。
特に、Meta社が推奨している「顧客情報パラメーター」を多く採用しましょう。
イベントがマッチする可能性が高まり、広告パフォーマンスの改善につながります。

使用する顧客情報パラメーターを増やします。顧客情報パラメーターを含むイベント数が多ければ多いほど、また各イベントに含まれる顧客情報パラメーター数が多ければ多いほど、イベントがマッチする可能性が高まります。

※Metaビジネスヘルプセンター:コンバージョンAPIのベストプラクティス

 

ただし、各社の状況により実装可否や優先度は異なるかと思います。
詳細設計は、以下のテーマを考慮した上で、関係各所へ確認・相談しましょう。

 ● システムの仕様:開発者、担当エンジニア
 ● 自社のプライバシーポリシー:法務担当
 ● 計測制度・パフォーマンスを最大化したい情報:Meta社、委託先の広告代理店

※Meta for Developers:サーバーイベントパラメーター – コンバージョンAPI
※Meta for Developers:顧客情報パラメーター – コンバージョンAPI
※Meta for Developers:標準パラメーター – コンバージョンAPI

 

【ステップ2:送信するイベントを決める】
続いて、「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」で「Meta社の広告サーバー」へ送信する「イベント」を決めます。
この時、イベントの「送信方法」により大きく以下の「3つのパターン」に分かれます。

 1)冗長設定:
  「すべてのイベント」を「Metaピクセルタグ」と「コンバージョンAPI」で送信する

 2)分割設定:
  「一部の重要なイベントのみ」を「コンバージョンAPI」で送信し、
  「それ以外のイベント」を「Metaピクセルタグ」で送信する

 3)サーバーのみの実装:
  「すべてのイベント」を「コンバージョンAPI」で送信する

 

Cookie依存の計測から完全に脱却し、「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」のみで運用する方法は「3」です。
しかし、Metaは「1」>「2」>「3」の順に実装・動作検証する事を推奨しています。

詳細は、システムの仕様を理解している「開発者」や「担当エンジニア」に確認・相談しましょう。

※Meta for Developers:エンドツーエンド実装 – コンバージョンAPI

 

【ステップ3:実装する】
設計が終わったら、「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」を実装します。
大きく4つの方法があります。

1)Meta広告と連携できるプラットフォームを利用する
Meta広告と統合できるパートナー(プラットフォーム)と連携する事で、手軽に導入できます。
連携可能なパートナー(プラットフォーム)は多いのですが、詳細は、次のリンクよりご参照ください。
※Metaビジネスヘルプセンター:パートナー連携


2)自社で仕組みを構築する
統合できるパートナー(プラットフォーム)を利用していない場合は、自社で仕組みを構築する必要があります。
システムの仕様を理解している「開発者」や「担当エンジニア」に確認・相談しましょう。


3)サーバーサイド用のGoogleタグマネージャー(GTM)を利用する
「2」よりは難易度が低くなりますが、登場人物が多くなる点は注意が必要です。
ex.GTMを操作できる人、支払い情報を持っている人、自社サイトドメインのDNS設定ができる人

詳細は、以下のリンクよりご参照ください。
※Meta for Developers:Googleタグマネージャ用コンバージョンAPI
※Googleタグマネージャー – サーバーサイド│Google for Developers


4)実装できる有償ツールを利用する
各ベンダーから提供されている有償ツールも増えてきています。
簡単に導入する事もできるようなので、自社のリソースを考慮し、検討しても良いでしょう。

株式会社グラフトンノート:C-POP
株式会社イルグルム:CAPiCO

※なお、弊社は、いずれの企業様とも利害関係がありません。
 検証する際は、お客様ご自身で問い合わせ、評価しましょう。

 

【ステップ4:テストデータを送信する】
実装まで完了したら、実際に「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」を使用してテストデータを送信します。

送信後、Metaのイベントマネージャーでテストデータが受信されている事を確認し、「本番運用」へと進みましょう。

5.Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)のまとめ

Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)のまとめ

 

いかがでしたか?
「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」に関して、ポイントをまとめると、以下の通りです。

 

● Meta社が「Cookie規制の影響を回避したコンバージョン計測」を実現するために開発した
● 導入する事でMeta広告(Facebook、Instagram)のコンバージョン計測の精度を向上できる
● その結果「CTR」や「CVR」、「CPO」といった各数値のパフォーマンス改善を期待できる
● Meta社は「ピクセルタグ」と「コンバージョンAPI(CAPI)」の「併用」を推奨している
● 開発者や担当エンジニアに相談しながら詳細を設計する
● 実装する方法は次の4つ
 1)Meta広告と連携できるプラットフォームを利用する
 2)自社で仕組みを構築する
 3)サーバーサイド用のGoogleタグマネージャー(GTM)を利用する
 4)実装できる有償ツールを利用する

 

Cookie規制が進む中、「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」を使った計測は急務となります。

Meta広告(Facebook、Instagram)の配信を促進し、数値改善を行なうために、「Meta広告コンバージョンAPI(CAPI)」が欠かせない事は、弊社の支援事例からも実証できています。

詳しい事例など、ご興味がある方は弊社までお問い合わせ頂ければ幸いです。

 
それでは、また別のコラムでお会いしましょう。

 

<Meta広告(Facebook、Instagram)の関連コラム>

【本数は?投入頻度は?】Meta広告「Advantage+ ショッピングキャンペーン(ASC)」でクリエイティブを多様化!チェック項目5選

【なぜ重要?広告疲れとは?】Meta広告「Advantage+ ショッピングキャンペーン(ASC)」におけるクリエイティブの重要性を分かりやすく解説

【非物販サイトにも有効】Meta広告の「Advantage+ ショッピングキャンペーン(ASC)」で「Web申込のCPA」を40%削減した事例

【Meta広告】「Advantage+ ショッピングキャンペーン(ASC)」とは?従来のキャンペーンとの違いや設定方法を分かりやすく解説!

【Meta広告】ブロード配信とは?「メリット」や「デモグラ配信との違い」を分かりやすく解説!

【Meta広告】広告アカウントが停止!「審査基準」を事例付きで解説 ~広告ポリシー違反・公式ページの運用放置・未承認広告の蓄積 ~

【Meta広告】広告アカウントが停止!「審査基準」を事例付きで解説 ~ 二段階認証の設定漏れ・支払いシステムのエラー編 ~

【毎月5社限定】無料相談 受付中

 

コラムをお読み下さりありがとうございます!

弊社はEC・デジタルマーケティングの支援会社です。
ZOZO様、ドクターシーラボ様、他グローバル企業など、
各業界を牽引する企業を400社以上支援して参りました。

現在、「無料相談」を受付中です。

「売上を拡大させたい」
「Web集客を増やしたい」
「広告運用を見直したい」
「LTV・継続率を向上したい」
「サイトのUI/UXを改善したい」など

EC・Webサイトやデジタルマーケティングに関して
お困りごとがございましたら、お気軽にご相談下さい。

【Meta広告】ブロード配信とは?_利点と特徴を分かりやすく解説【Meta広告】ブロード配信とは?「メリット」や「デモグラ配信との違い」を分かりやすく解説!前のページ

【Meta広告】広告アカウントが停止!「審査基準」を事例付きで解説 ~ 二段階認証の設定漏れ・支払いシステムのエラー編 ~次のページMeta広告停止!審査基準と停止事例_二段階認証の設定漏れ_支払いシステムのエラー

売上を最大化する広告効果改善サービス『DATAD(データード)』

関連記事

  1. クリック率up!_ABテストのやり方_リスティング広告編

    広告効果の改善

    【クリック率up】ABテストのやり方~リスティング広告編~

    「誰に」「何を」「どうやって」自社商品・サービスの魅力を伝えるか『訴…

  2. 画像の検証は後回し!_ABテストのやり方_バナー広告編

    広告効果の改善

    【画像の検証は後回し!】ABテストのやり方~バナー広告編~

    「誰に」「何を」「どうやって」自社商品・サービスの魅力を伝えるか『訴…

  3. 【なぜ重要?広告疲れとは?】Meta広告「Advantage+ ショッピングキャンペーン(ASC)」におけるクリエイティブの重要性を分かりやすく解説

    広告効果の改善

    【なぜ重要?広告疲れとは?】Meta広告「Advantage+ ショッピングキャンペーン(ASC)」…

    デジタル広告全般においてクリエイティブの重要性が高まっています。今回…

  4. 【Meta広告】ブロード配信とは?_利点と特徴を分かりやすく解説

    広告効果の改善

    【Meta広告】ブロード配信とは?「メリット」や「デモグラ配信との違い」を分かりやすく解説!

    広告運用の環境は日々変化しており、昨今では機械学習を上手く活用するこ…

  5. 【ChatGPT】を120%活用する!_EC・広告現場ですぐ使えるプロンプト
  6. 【Meta広告】Advantage+ ショッピングキャンペーン_Web申込のCPAを40%削減した事例

注目のコラム

  1. 【必見!】最も効率がよいMeta広告「Advantage+ …
  2. 【本数は?投入頻度は?】Meta広告「Advantage+ …
  3. 【なぜ重要?広告疲れとは?】Meta広告「Advantage…
  4. 【非物販サイトにも有効】Meta広告の「Advantage+…
  5. 【Meta広告】コンバージョンAPI(CAPI)とは?「メリ…

【無料DL】100億円企業のデジマの定石

【無料DL】事業成長に直結する広告投資

【無料DL】LP・CVRを大幅改善する方法

【無料購読】マーケィング情報誌

デジタル人材を育成できる「広告効果改善サービス」

ECサイト総合支援『ECフルサポート』

ECフルサポートの横長バナー

書籍のご案内

書籍のご案内
PAGE TOP