Googleタグマネージャー(GTM)でGAのトラッキングコードを管理・設置する方法

広告効果の改善

【初期設定】Googleアナリティクスの導入方法を「4ステップ」で解説!

Googleアナリティクス(GA)はサイトを運営する上ほぼ必須のツールです。無料ながら多機能で複雑な面もあるため、導入に及び腰の方も多いのではないでしょうか?本コラムでは、Googleアナリティクスの導入方法を初心者の方でもわかりやすいように「4ステップ」で解説します。

【目次】
1.ステップ①:Googleアカウントの作成
2.ステップ②:Googleアナリティクスの登録
3.ステップ③:トラッキングコードの設置
4.ステップ④:データが取得できているかを確認
5.終わりに

1.ステップ①:Googleアカウントの作成

ステップ①:Googleアカウントの作成

『Googleアナリティクス(通称GA:ジーエー)』とは、Googleが提供する無料の「アクセス解析ツール」です。

まだGoogleアカウントをお持ちでない場合は、Googleアカウントを作成する必要があります。
(※既にお持ちの場合は、次の章へ読み飛ばして頂いてOKです。)

以下より、Googleアカウントを作成できます。
https://www.google.com/account/about/?hl=ja

ページ右上にある、「アカウントを作成する」をクリックします。(※下図参照)

「アカウントを作成する」をクリック

 

その後、「姓名」、「ユーザー名(メールアドレス)」、「パスワード」など必要事項を入力していきます。(※下図参照)

必要事項を入力

 

最後に、「プライバシーポリシーと利用規約」の内容に目を通し、「同意する」を選択するとGoogleアカウントの作成が完了します。(※下図参照)

Googleアカウント作成完了

2.ステップ②:Googleアナリティクスの登録

ステップ②:Googleアナリティクスの登録

続いて、Googleアナリティクスへの登録です。

以下へアクセスしたのち、「測定を開始」をクリックします。(※下図参照)
※Googleアナリティクスへようこその画面

「測定を開始」をクリック

 

アカウントの設定画面が表示されるので、「アカウント名」を入力しましょう。
アカウント名は、会社名やサイト名など任意の名称を入力してください。後から変更もできます。

その後、データ共有設定にチェックを入れます。
不要な項目や共有したくない項目があれば、チェックを外してください。
特に問題なければ、推奨された設定のままでOKです。(※下図参照)

データ共有設定にチェックを入れる

 

次へ進むと、プロパティの設定画面が表示されます。
「プロパティ名」、「レポートのタイムゾーン」、「通貨」をそれぞれ入力してください。

Googleアナリティクスでは、1つのアカウントに複数のWebサイトを管理することができます。
「プロパティ名」は、その一つ一つのサイトを管理する「部屋の名前」になります。
そのため、どのサイトのデータなのかわかりやすいように、「サイト名称」などを入力すると良いでしょう。(※下図参照)

プロパティの設定

 

次に「詳細オプションを表示」をクリックします。
ここは見落としてしまいがちなポイントですので、注意しましょう。(※下図参照)

「詳細オプションを表示」をクリック

 

すると、ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成画面が表示されるので、右端にあるボタンを有効にします。(※有効にすると青色になります。)

その後、アクセス解析を行いたいサイトのURLを入力し、「Googleアナリティクス4とユニバーサルアナリティクスのプロパティを両方作成する」を選択します。(※下図参照)

ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成画面

 

最後に、「ビジネス情報」を入力し、「利用規約に同意」すれば、Googleアナリティクスの登録が完了します。(※下図参照)

「ビジネス情報」を入力
Googleアナリティクスの利用規約に同意

 

【補足:Googleアナリティクスの種類】
現在、Googleアナリティクスには次の3種類が存在します。

①ユニバーサルアナリティクス(UA):無料
②Googleアナリティクス360(GA360):UAの有料版
③Googleアナリティクス4(GA4):無料。UAの次世代版 ※2020年10月リリース

Googleアナリティクスの利用開始時、UAとGA4どちらか一方のみを選択することもできますが、まずは「両方」選択するのがおすすめです。

GA4が次世代とは言え、現時点ではUAの方が利用者は多いと想定されるため、使い方に迷った際に書籍やセミナー・情報サイトなどで容易に参考情報を入手できる点が理由です。

そもそも、UAとGA4ではサイトの計測方法大きく異なるのですが、その他にも「UAでは出来てGA4では出来ないこと」が複数存在します。
Ex. Googleサーチコンソールとの連携(キーワード分析の際に使用)

したがって、両方を「全く別のツール」として使い分けること必要があるのですが、いきなり併用しようとするとハードルが高くなります。
そのため、「まずは参考情報の多いUAから利用を始めてみる」ことを本コラムでは推奨します。

3.ステップ③:トラッキングコードの設置

ステップ③:トラッキングコードの設置

前章の手順でGoogleアナリティクスの登録が完了すると、GA4の「ウェブストリームの詳細」というページ(GA4の管理画面)に遷移します。
※もしこの画面に遷移しなかったり、一度閉じてしまったりした場合は、もう一度「GA4の管理画面」に入り、画面左下の「管理(歯車ボタン)」>「データストリーム」>「計測したいストリーム名」の順にクリックすれば元に戻れます。

まず始めに、「グローバルサイトタグ(gtag.js)ウェブサイト作成ツールや、CMS でホストされるサイトをご使用の場合、このタグを設定」の左隣にある「∨」ボタンをクリックします。(※下図参照)

「∨」ボタンをクリック

 

すると、トラッキングコード*が出てくるので、コピーして、PCにインストールされている「メモ帳」や「ワードパッド」など、何でも良いので「貼り付け」ておきます。(※下図参照)

*トラッキングコード:訪問者データを取得するために各Webページに埋め込んでおくプログラミングコードのこと。

GA4のトラッキングコードをコピー
コピーしたGA4のトラッキングコード

 

現在見ているのは「GA4の管理画面」であるため、次は「UAの管理画面」に移動します。
画面左上の「×(バツ)」ボタンを押します。(※下図参照)

「ウェブストリームの詳細」を閉じる

 

ウェブストリームの画面を消して、プロパティの下にある「矢印(▼ボタン)」をクリックします。(※下図参照)

「▼」ボタンをクリック

 

「プロパティとアプリ」という項目から「UA-××」記載されたプロパティを選択すると、「ビュー」という項目が現れるので、「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックします。(※下図参照)

「UA-××」記載されたプロパティを選択
「すべてのウェブサイトのデータ」をクリック

 

UAの管理画面に遷移したら、「管理(歯車ボタン)」>「トラッキング情報」>「トラッキングコード」の順にクリックします。(※下図参照)

UAのトラッキングコードを表示する

 

先ほどのGA4のトラッキングコードと同じようなコードが出てきますが、以下のようにコードの一部「gtag(‘config’, ‘UA-XXXXXXXXXX-1’);」だけをコピーします。(※下図参照)

UAのトラッキングコードを一部コピーする

 

先ほどコピーしておいたGA4のトラッキングコード(全文)に、UAのトラッキングコードの一部「gtag(‘config’, ‘UA-XXXXXXXXXX-1’);」を貼り付けます。(※下図参照)

GA4のトラッキングコードとUAのtトラッキングコードを合体する

 

最後に、完成したトラッキングコード(※上図)を、トラッキングするWebサイトの全てのHTMLファイルに貼り付けます。

お使いのサイトの環境やワードプレスのテーマなどによってコードを貼り付け方法が多少異なることがありますが、設置場所は タグの直後で共通です。これでトラッキングコードの設置は完了です。 (※下図参照)

トラッキングコードを、WebサイトのHTMLファイルに貼り付ける

4.ステップ④:データが取得できているかを確認

ステップ④:データが取得できているかを確認

Googleアナリティクスの導入は前章までの内容で完了していますが、実際にサイトのデータが取得されているかどうか?をきちんと確認することが重要です。

 

【UAでの確認方法】
トラッキングコードを設置したサイトにアクセスをした後、「UAの管理画面」から「リアルタイム」>「概要」の順にクリックします。自分のアクセスが正常にカウントされていればトラッキングコードの設置が成功していることになります。(※下図参照)

UAで正常にデータ取得されているかを確認

 

【GA4での確認方法】
GA4も同様に、「リアルタイム」画面で、自分のアクセスが正常にカウントされていればトラッキングコードの設置が成功していることになります。(※下図参照)

GA4で正常にデータ取得されているかを確認

5.終わりに

終わりに

いかがでしたか?

今回はGoogleアナリティクスのトラッキングコードを「htmlソースに直貼りする方法」を紹介しましたが、『Googleタグマネージャー(GTM)』を利用している場合は、GTMでの設定を推奨します。

なぜなら、手動はページ数が多いと時間も手間もかかるからです。
加えて、貼り忘れが生じたりミスをしてhtmlに影響を与えたりしてしまう可能性があるからです。

GTMを活用してGAのトラッキングコードを設置する方法はこちらをご覧ください。
※コラム:Googleタグマネージャー(GTM)でGAのトラッキングコードを管理・設置する方法

最後までお読み頂きありがとうございます!

thank you

弊社では、企業フェーズ・課題に応じた「Webマーケティング施策」を提案できます。
また、弊社内で蓄積・体系化されたノウハウを活用した「体制・仕組みづくり」もできます。

● 訴求開発 :成果報酬ABテスト、自動テストツール(AI)
● 集客・成約:広告運用、効果測定ツール
● リピート :1to1マーケ、コミュニケーションツール

本コラムをご覧の皆さまのお役に立てれば幸いです。お気軽にお問い合わせください。

売上を大きく左右する「ページ読み込み速度・表示速度」<後編:改善方法>【後編】売上を大きく左右する「ページ読み込み速度・表示速度」<改善方法>前のページ

Googleタグマネージャー(GTM)でGAのトラッキングコードを管理・設置する方法次のページGoogleタグマネージャー(GTM)でGAのトラッキングコードを管理・設置する方法

売上を最大化する広告効果改善サービス『DATAD(データード)』

関連記事

  1. 【第2回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあるべき姿<事例付き>

    広告効果の改善

    【第2回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあるべき姿<事例付き>

    多くの企業が広告運用をプロに丸投げします。それ自体は問題ないのですが…

  2. 【第1回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあるべき姿<事例付き>

    広告効果の改善

    【第1回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあるべき姿<事例付き>

    広告運用は代理店に任せがちです。時には丸投げという事も…。そのため、…

  3. 広告事業主が押さえるべきCookie規制の「影響」と「対応」
  4. ABテストのやり方<リスティング広告の改善>

    広告効果の改善

    ABテストのやり方<リスティング広告の改善>

    「誰に」「何を」「どうやって」自社商品・サービスの魅力を伝えるか『訴…

  5. 広告効果の改善

    【第4回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあるべき姿<事例付き>

    広告は、「新規顧客」の獲得を目的として運用する企業が大半です。投資効…

  6. Googleタグマネージャー(GTM)でGAのトラッキングコードを管理・設置する方法

    広告効果の改善

    Googleタグマネージャー(GTM)でGAのトラッキングコードを管理・設置する方法

    複数の計測タグや広告タグなどのトラッキングコードを管理する際、Goo…

おススメのコラム

  1. ABテストとは?今さら聞けない基本の「キ」
  2. ABテストの検証方法<Google採用のカイ二乗検定>
  3. 広告事業主が押さえるべきCookie規制の「影響」と「対応」…
  4. 【前編】売上を大きく左右する「ページ読み込み速度・表示速度」…
  5. 【初期設定】Googleアナリティクスの導入方法を「4ステッ…

短期集中!連載コラム

  1. 【第1回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあ…
  2. 【第2回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあ…
  3. 【第3回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあ…
  4. 【第4回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあ…

売上を最大化する広告効果改善サービス『DATAD(データード)』

書籍のご案内

ECサイト総合支援サービス『ECフルポート』

PAGE TOP