【2022年8月最新】GA4で「流入経路別の成果」を分析する方法<GA4の使い方:応用編>

Googleアナリティクス

【2022年5月最新】GA4でパラメータを設定し、流入経路を解析する方法

「Googleアナリティクス4(GA4)」を活用する事で、「訪問者の流入経路を解析」する事ができます。しかし、「URLパラメータ」を適切に発行・設定しないと、流入経路が正しく分類されません。本コラムでは、GA4でパラメータを設定し、流入経路を解析する方法を簡単に解説します。

GA4をこれから導入・設定する方は、こちらをご確認ください。
※【2022年5月最新】GA4の初期設定・導入方法を4ステップで解説
※【2022年5月最新】Googleタグマネージャー(GTM)を使用したGA4の設定方法
※【2022年8月最新】GA4でサイト全体の数値を測定するために必要な設定8選<GA4の使い方:基本編>

【目次】
1.Googleアナリティクスとは?
2.URLパラメータの発行方法
3.流入経路の解析は「トラフィック獲得」で
4.デフォルトチャネルグループを細かく分類する「参照元 / メディア」
5.終わりに

1.Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスとは?

『Googleアナリティクス(通称GA:ジーエー)』とは、Googleが提供する無料の「アクセス解析ツール」です。
Webサイトに訪れたユーザーの行動が一目でわかります。

例えば、以下のような事がわかります。

● ユーザーの属性:
「どんな人が」サイトにアクセスしているのか?

● 流入経路:
「どのような経路から」サイトにアクセスしているのか?

● サイト内の行動:
「どのページを見て」「どんなアクション(CV)に」至っているのか?

また、「媒体の異なる広告をまとめて効果測定」する事ができます。
通常であれば、Google、Yahoo、Facebook等、広告の効果測定は「媒体ごとの管理画面」で行いますが、GAを活用する事で、異なる媒体の効果測定を一元管理できるため、「どの媒体の」「どの施策が効果的か?」を一目で判断できます。

上記のように幅広いデータ解析を可能にするGAですが、より正確かつ詳細なデータ集計をするために、「URLパラメータ」の発行が必要となります。

「GAを使用して流入経路を解析する方法」を紹介する前に、まずは「URLパラメータ」について一緒に確認しましょう。

2.URLパラメータの発行方法

URLパラメータの発行方法

【URLパラメータとは?】
URLパラメータとは、「URLの後ろに付与された変数(文字列)」の事です。(※具体例は後述)

「集客施策」「流入経路」ごとの効果をより正確に、より詳細に把握するために使用します。
有料媒体に限らず、オーガニック(自然検索)やメルマガなど、多岐にわたる施策の効果を測定できます。

 

【パラメータの発行】
Googleが提供している無料ツール『Campaign URL Builder(キャンペーンURLビルダー)』を使用します。
(※ページを開くと英訳ページになっているかと思いますので、ブラウザの日本語訳機能をご利用ください。)
https://ga-dev-tools.web.app/campaign-url-builder/

 

※補足)
Google広告であれば、「自動タグ設定」を利用する事で、パラメータを「手動で発行」しなくても「自動で付加」する事ができます。複数の広告を運用している方にとっては「手間が省ける便利な機能」ですので、詳細はこちらをご確認ください。
※Google広告ヘルプ:自動タグ設定

 

【パラメータの種類】

URLパラメータは主に、以下の3つの要素で構成されます。

パラメータの種類

例えば、以下のようなURLパラメータの場合

● 「google」に出稿された
● 「バナー広告」の
● 「セール1に関する広告」からの流入である。という事がわかります。

URLパラメータの例

※補足)
上記の他に、「utm_content」や「utm_term」もありますが、2022年5月時点では、Google公式ヘルプにて「GA4では対応していない(レポートとして集計されていない)」旨が記載されています。
※アナリティクスヘルプ:[GA4] URL 生成ツール: カスタム URL でキャンペーン データを収集する

 

【パラメータ発行時の注意】
パラメータを発行する際は、「ルールを統一化」します。
統一化が必要な理由は、「把握したかったはずの情報」がGAで正しく計測できなくなるからです。

例えば、「utm_source=Google」と「utm_source=google」のように、
文字列の「大文字」と「小文字」が違うだけで、GAではそれぞれ「別の参照元」として集計されてしまいます。

特に複数の担当者が関与する場合、担当者によって「ルール」が異なっていたり、「その人にしか理解できない状態」で運用されてしまうケースが想定されます。

「施策(≒パラメータ発行の機会)」が増えれば増えるほど、トラブルやミスも増えるため、あらかじめ「パラメータ発行のルール」を統一化しておきましょう。

3.流入経路の解析は「トラフィック獲得」で

流入経路の解析は「トラフィック獲得」で

本章では、以下のページから利用できる「GA4のデモアカウント」によって集計されたデータおよび画面キャプチャを使用して解説します。
※アナリティクスヘルプ:デモアカウント

 

【流入経路の解析方法】
前章の方法で出稿する広告にパラメータを付与した後、実際の流入経路は「トラフィック獲得」で確認できます。

GA4のホーム画面から、「レポート」>「ライフサイクル」>「集客」>「トラフィック獲得」の順にクリックしてください。(※下図参照)

ホーム画面にて「レポート」をクリック
「ライフサイクル」⇒「集客」の順にクリック
「トラフィック獲得」で「全てのユーザー」の流入経路を確認できる

 

こちらに集計されるのは、新規ユーザー/リピーター関係なく、「全てのユーザーの流入経路」です。
言い換えると、「ユーザーが訪問した全ての媒体」」です。
「従来のGA(UA)」と同じように各数値を調べたい場合は、「トラフィック獲得」を見ると良いでしょう。

4.デフォルトチャネルグループを細かく分類する「参照元 / メディア」

デフォルトチャネルグループを細かく分類する「参照元 / メディア」

従来のGA(UA)で見ていた『チャネル』と『参照元 / メディア』は、
GA4ではそれぞれ、「トラフィック獲得」における『セッションのデフォルト チャネルグループ』と『セッション参照元またはメディア』に近いです。

● 流入経路の「全体像」を把握する
 ⇒『セッションのデフォルトチャネルグループ(旧チャネル)』

● 流入経路の「詳細」を把握する

 ⇒『セッション参照元またはメディア(旧参照元 / メディア)』

『セッションのデフォルト チャネルグループ』の右隣にある「+マーク(セカンダリディメンション)」をクリックしたのち、「セッション獲得」>『セッション参照元またはメディア』をクリックすると表示されます。(※下図参照)

セカンダリディメンションをクリック
「セッション獲得」⇒「セッション参照元またはメディア」の順にクリック

 

【計測設定が必要なチャネル】
チャネルの中には、「計測設定」をしないと、意図したように分類されないものがあるので要注意です。

代表的なのは、「Paid Search」です。
本来、「Paid Search」には「検索連動型広告(リスティング広告)」が分類されます。
しかし、「Googleの分類ルール」を理解しないままパラメータを発行した場合、「リスティング広告(検索連動型広告)」経由での流入が「Organic Search(自然検索)」に分類されてしまいます。

このような「意図しない分類」を回避するために、
パラメータを発行する段階で、「Googleの分類ルール」を理解しておく必要があります。
※アナリティクスヘルプ:[GA4] デフォルト チャネル グループ

 

例えば、「Google」の「検索連動型広告」の場合は、
以下のようなパラメータを発行する事で、流入経路を正しく分類できます。

検索連動広告の場合のパラメータ設定例

 

※補足)
「検索連動型広告」を「Paid Search」に分類するためのルール【utm_mediumが「cp」を含むか、「ppc」、「paid」で始まるもの】に基づいています。

その他にも、分類ルールは多岐にわたります。
GA4では短いスパンで「分類」が増えたり「ルール」が変わったりしているので、正確な情報は上述の「アナリティクスヘルプ」をこまめに確認するようにしましょう。

5.終わりに

終わりに

いかがでしたか?

今回は、GA4でパラメータを設定し、流入経路を解析する方法を解説しました。
おさらいをすると、流入経路を解析するために必要な事は以下3点です。

●「Googleの分類ルール」に基づき「URLパラメータ」を発行する。
●「トラフィック獲得」から流入経路を確認する。
●「デフォルトチャネルグループ」よりも詳細を解析する場合は「参照元またはメディア」を見る。

なお、「トラフィック獲得」の指標では足りない場合や、独自の分析軸で集計したい場合は、「探索機能」を利用すると良いでしょう。

「探索機能」とは、従来のGAでいうところの「カスタムレポート」に当たります。
初心者の方には操作が難しい反面、集計の柔軟性が高く、様々な切り口で分析を行えるのが特徴です。

「探索機能」を使った測定方法に関しては、別のコラムで紹介しています。あわせてご覧ください。
※コラム:【2022年8月最新】GA4で「流入経路別の成果」を分析する方法<GA4の使い方:応用編>
※コラム:【2022年8月最新】GA4で「ランディングページ別の成果」を分析する方法<GA4の使い方:応用編>
※コラム:【2022年9月最新】「新規購入」「リピート購入」をGA4で分析する方法<GA4の使い方:応用編>

GA4の設定~運用に使える『必須マニュアル』販売中

「現GA(UA版)」の廃止が決まり、各社で「GA4」への移行を進めているかと思います。

しかし、レポートの見た目だけでなく、設定や指標が変わった事で、現場からは「悲鳴」にも似た「混乱の声」があがっています…

そこで弊社では「広告運用のプロ」の視点から「GA4で見るべき指標・レポート10選」を整理し、『必須マニュアル』として販売する事にしました。

GA4のレポートに不安を感じている方は、詳細をご確認ください。https://www.ecfs.jp/eckaizenlab/202207whitepaper/

【2022年5月最新】Googleタグマネージャー(GTM)を使用したGA4の設定方法【2022年5月最新】Googleタグマネージャー(GTM)を使用したGA4の設定方法前のページ

【2022年7月最新】Cookie規制の衝撃!「ITP問題」の影響を調査してみた。次のページ【2022年7月最新】Cookie規制の衝撃!「ITP問題」の影響を調査してみた。

売上を最大化する広告効果改善サービス『DATAD(データード)』

関連記事

  1. 【2022年8月最新】GA4で「流入経路別の成果」を分析する方法<GA4の使い方:応用編>
  2. 【2022年9月最新】GTMを活用!GA4で「イベント」「コンバージョン」「eコマース」の計測設定をする方法<GA4の使い方:応用編>
  3. 【2022年5月最新】Googleタグマネージャー(GTM)を使用したGA4の設定方法
  4. 【完全ガイド】GA4の導入・移行時にマスターすべき「設定」と「使い方」を目的別に解説

【人気ランキング】今月のアクセス数TOP5

  1. 【2022年5月最新】GA4の初期設定・導入方法を4ステップ…
  2. 【2022年5月最新】Googleタグマネージャー(GTM)…
  3. 【2022年5月最新】GA4でパラメータを設定し、流入経路を…
  4. 【2022年7月最新】Cookie規制の衝撃!「ITP問題」…
  5. 【2022年8月最新】GA4で「流入経路別の成果」を分析する…

【話題】Googleアナリティクス4(GA4)

  1. 【完全ガイド】GA4の導入・移行時にマスターすべき「設定」と…
  2. 【2022年9月最新】GTMを活用!GA4で「イベント」「コ…
  3. 【2022年9月最新】「新規購入」「リピート購入」をGA4で…
  4. 【2022年8月最新】GA4で「ランディングページ別の成果」…
  5. 【2022年8月最新】GA4で「流入経路別の成果」を分析する…

【連載】こんな状態の広告主はヤバい

  1. 【第1回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあ…
  2. 【第2回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあ…
  3. 【第3回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあ…
  4. 【第4回】こんな状態の広告事業主は失敗する!?ヤバい理由とあ…

GA4の設定~運用に使える『必須マニュアル』販売中

デジタル人員を育成できる「広告効果改善サービス」

ECサイト総合支援『ECフルポート』

書籍のご案内

PAGE TOP