URLパラメータを活用した媒体管理の方法<Googleアナリティクス応用編>

広告効果の改善

URLパラメータを活用した媒体管理の方法<Googleアナリティクス応用編>

出稿中の複数の広告媒体を管理する際、Googleが提供している無料分析ツール『Googleアナリティクス(GA)』を利用することで効率的な広告運用を実現できます。今回はURLパラメータの発行方法から、GA内の『チャネル』『参照元 / メディア』に特化した媒体管理までを解説します。

【目次】
1.Googleアナリティクスとは?
2.URLパラメータの発行
3.GAで押さえるべき項目2選
4.項目①:チャネル
5.項目②:参照元 / メディア
6.まとめ

1.Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスとは?

『Googleアナリティクス(通称GA:ジーエー)』とは、Googleが提供する無料の「アクセス解析ツール」です。
Webサイトに訪れたユーザーの行動が一目でわかります。

例えば、以下のようなことがわかります。

● 流入元・集客経路:
「どこから」「どのように」サイトにアクセスしているのか?

● ページ上の行動:
「どのページを見て」「どんなアクション(CV・離脱)に」至っているのか?

上記のように幅広いデータ計測と解析を可能にするGAですが、
より正確かつ詳細なデータ解析をするために、「URLパラメータ」の発行が必要となります。

GAを利用した媒体管理の方法を紹介する前に、まずは「URLパラメータ」について一緒に確認しましょう。

2.URLパラメータの発行

URLパラメータの発行

【URLパラメータとは?】
URLパラメータとは、「URLの後ろに付与された変数(文字列)」のことです。

「集客施策」「流入経路」ごとの効果をより正確に、より詳細に把握するために使用します。
有料媒体に限らず、オーガニック(自然検索)やメルマガなど、多岐にわたる施策の効果がわかります。

 

【パラメータの発行】
Googleが提供している無料ツール『キャンペーンURLビルダー』を使用します。
(※ページを開くと英訳ページになっているかと思いますので、ブラウザの日本語訳機能をご利用ください。)
https://ga-dev-tools.web.app/campaign-url-builder/

 

【パラメータの種類】

URLパラメータは主に、以下の要素で構成されます。

URLパラメータの種類

例えば、以下のようなURLパラメータの場合

● 「google」の
● 「バナー広告」として出稿された
● 広告は「商材1」
● 「バナー素材1」からの流入である、ということがわかります。

URLパラメータ発行のイメージ

「任意」となっているものは「何を判別したいのか?」その時々の目的によって使い分けるため、
設定は省略しても問題ありません。

ただし「③utm_campaign」に関しては、Googleアナリティクスの公式ヘルプでは「必須」として説明されているため、基本的には設定しておくのがおススメです。(実際のところは設定しなくても問題なく動作はしますが…。)
※Google広告ヘルプ:カスタムURLでキャンペーンデータを収集する

 

【パラメータ発行時の注意】
パラメータを発行する際は、「ルールを統一化」しましょう。
ルールを統一しないと、把握したかったはずの情報が、GAで正しく計測されない可能性があります。

例えば、「utm_source=Google」と「utm_source=google」のように、
文字列の「大文字」と「小文字」が違うだけで、GAでは、それぞれ別の参照元として集計されてしまいます。

特に複数名の担当者が存在する企業の場合、担当者によってルールが異なっていたり、その人にしか理解できない状態で運用されてしまっていたりするケースが想定されます。

施策(≒パラメータ発行の機会)が増えれば増えるほど、トラブルやミスの懸念が大きくなるため、
「あらかじめ」パラメータ発行の「ルールを統一化」しておきましょう。

3.GAで押さえるべき項目2選

GAで見るべき項目2選

GAで計測・解析できる情報は膨大にありますが、媒体管理をする際に押さえるべき項目は次の2つです。

● チャネル:「大まかな分類で」成果を確認
● 参照元 / メディア:「細かな分類で」成果を確認
(※下図参照)

例えば、リスティング広告経由のトラフィック(サイトアクセス数)を100とした時に、

1)リスティング広告の成果合算  (100) 
2)Googleリスティング広告の成果 (80)
3)Yahooリスティング広告の成果  (20)

・「総数(1)」を見るなら『チャネル』を、
・「媒体ごとの成果(2、3)」を見るなら『参照元 / メディア』を確認する、といった感じです。

「どのくらいの粒度(大きさ)で」成果を管理したいか?という視点で使い分ければOKです。(※下図参照)

「チャネル」と「参照元 / メディア」のイメージ

 

【分けるメリット】
『チャネル』と「参照元 / メディア」を使い分けることで、
どのチャネルにおいて何の施策が有効なのか?を確認し、
施策の優先順位を見直したり、集客力の強化に繋げたりすることができます。

● 「リスティング広告経由の流入は多いけど、オーガニック経由の流入が少ないな…SEOを改善しよう!」

● 「このメディアAとB、GAでみるとBのほうが圧倒的にCV数が多いので、最終CV獲得に繋がっている施策だ!さらに予算を充ててみよう!」

では、具体的にどのようなことがわかるのか?
『チャネル』と『参照元 / メディア』について、それぞれ解説していきます。

4.項目①:チャネル

項目①:チャネル

 

【分析できること】
『チャネル』では、「大きな分類で」成果を確認できます。
例えば、「検索エンジン」からの流入がどれくらいなのか?「SNS」からの流入がどのくらいなのか?など、流入経路のざっくりとした「全体像」を把握することができます。

何も設定していない状態ですと、以下の10個の分類が存在します。 (※下図参照)

 

グループ 概要
①ノーリファラー
 direct/none
「直接」流入または「経路不明」の流入
②自然検索(オーガニック)
 Organic Search
リスティング広告を除く「検索エンジン」からの流入
③ソーシャル
 Social
「SNS」からの流入
④メール
 Email
「Eメール」からの流入
⑤アフィリエイト
 Affiliate
「アフィリエイト広告」からの流入
⑥参照元サイト
 Referral
「他のWebサイト」からの流入
⑦有料検索
 Paid Search
「リスティング広告」からの流入
⑧ディスプレイ
 Display
「ディスプレイ広告」からの流入
⑨他の広告
 Other Advertising
「リスティング広告・ディスプレイ広告以外の広告」からの流入
⑩その他
 Other
「上記のいずれにも該当しない」場合の流入

※Google広告ヘルプ:デフォルトチャネルの定義

 

【注意すべきこと①】
『チャネル』の最大の特徴は、「グループを“意図的に”設定することもできるが、最初は“デフォルトの”グループが存在する」という点です。
言い換えると、「意図しないカタチで情報が計測されてしまう可能性がある」ということです。

例えば、GoogleとYahooは共に検索エンジンであるため、『Organic Search』に分類されます。
また、Twitter、Instagram、FacebookはどれもSNSであるため、『Social』に分類されます。(※下図参照)

「チャネル」のイメージ

『Social』に関して言えば、「SNS広告で運用しているもの」と「オーガニック投稿(広告ではない通常の投稿)のリンク先」が分けられずに自動で『Social』に分類されてしまうため、「Twitter広告経由の成果」も「企業の公式Twitterアカウント経由の成果」も、全て『Social』に分類されてしまいます。

ゆえに、「有料広告」は成果管理をしたい、という場合は、GAのチャネルの設定を変える必要があります。
※Googleヘルプ:チャネル グループについて

ページ中段に『デフォルトチャネルグループを編集する』という説明が記載あるので、ご参照ください。

 

【注意すべきこと②】
なお、上述のGoogleヘルプページでは

 ● 「カスタムチャネルグループの作成」や
 ● 「新しいチャネルグループの作成」など

色々と書かれているため「あれもこれも」となりがちです。

例えば、「自社でブログ投稿」をすごく頑張っている、この工数の投資効果(自社ブログ経由のアクセス数)を確認したい。というケースであれば、『自社ブログ』という『チャネル』を新たに用意するのは有効かもしれません。

ですが、『チャネル』はあくまでも「大きな括り」です。
細かく見たければ、次章で紹介する『参照元 / メディア』を見れば済む話ですので、
「把握したい情報が計測できているか?」という点にだけ注意しましょう。

5.項目②:参照元 / メディア

項目②:参照元 / メディア

 

【分析できること】
『参照元 / メディア』では、『チャネル』よりも「細かな分類で」成果を確認できます。

例えば、『チャネル』では一括りにされていた『検索エンジン』のうち、「Google」と「Yahoo」どちらの流入が多いのか?を把握できます。
同様に、『チャネル』では一括りにされていた『SNS』のうち、「Twitter」と「Instagram」どちらの流入が多いのか?など、流入経路の「詳細な」情報を把握できます。(※下図参照)

「参照元 / メディア」のイメージ

 

【注意すべきこと】
ただし、『チャネル』と同様に、『参照元 / メディア』でも「把握したい情報が計測できているか?」チェックが必要です。

何も設定していない状態ですと、GAではYahoo検索エンジンからの流入は、「リスティング広告(有料検索)」であろうが「オーガニック(自然検索)」であろうが、『yahoo / organic』に集約されてしまいます。

そのため、リスティング広告のリンク先URLに、例えば「utm_source=yahoo」「utm_medium=cpc」のようなパラメータを付与することで、「yahoo / cpc」という項目に集計され、「リスティング広告」経由の流入と「オーガニック」経由の流入を分けることができます。

さらに「リスティング広告」経由の流入を「固有名詞」と「一般名詞」に分けて見たい!ということであれば、パラメータの「utm_campaign」もしくは「utm_content」を設定したURLをリスティング広告に入稿することで、GA上にて、より詳細な成果管理が可能になります。

6.まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?最後に、ポイントを整理します。

  • GAを活用することで、「媒体」や「流入経路」ごとの効果を正確かつ詳細に把握できる。
  • ただし、「URLパラメータ」の設定が前提。
  • GAで押さえるべきは①『チャネル』と②『参照元 / メディア』。
  • ①チャネル:大まかな分類で成果管理できる。
  • ②参照元 / メディア:細かな分類で成果管理できる。
  • ①・②どちらも、「把握したい情報が計測できているか?」チェックが必要。

以上となります。

最後までお読み頂きありがとうございます!

thank you

弊社では、企業フェーズ・課題に応じた「Webマーケティング施策」を提案できます。
また、弊社内で蓄積・体系化されたノウハウを活用した「体制・仕組みづくり」もできます。

● 訴求開発 :成果報酬ABテスト、自動テストツール(AI)
● 集客・成約:広告運用、効果測定ツール
● リピート :1to1マーケ、コミュニケーションツール

本コラムをご覧の皆さまのお役に立てれば幸いです。お気軽にお問い合わせください。

広告事業主が押さえるべきCookie規制の「影響」と「対応」広告事業主が押さえるべきCookie規制の「影響」と「対応」前のページ

売上を大きく左右する「ページ読み込み速度・表示速度」<前編:測定方法>次のページ売上を大きく左右する「ページ読み込み速度・表示速度」<前編:測定方法>

関連記事

  1. ABテストのやり方<バナー検証>

    広告効果の改善

    ABテストのやり方<バナー検証>

    「誰に」「何を」「どうやって」自社商品・サービスの魅力を伝えるか『訴…

  2. ABテストのやり方<リスティング広告の改善>

    広告効果の改善

    ABテストのやり方<リスティング広告の改善>

    「誰に」「何を」「どうやって」自社商品・サービスの魅力を伝えるか『訴…

  3. 広告事業主が押さえるべきCookie規制の「影響」と「対応」

おススメのコラム

  1. ABテストとは?今さら聞けない基本の「キ」
  2. ABテストのやり方をわかりやすく解説
  3. ABテストの検証方法<Google採用のカイ二乗検定>
  4. 広告事業主が押さえるべきCookie規制の「影響」と「対応」…
  5. 売上を大きく左右する「ページ読み込み速度・表示速度」<前編:…

書籍のご案内

ECサイト総合支援サービス『ECフルポート』

PAGE TOP