IBFが選ばれる理由

- choose -

EC・Webマーケティングの「現場」を研究し
「ソリュションサービスの開発」に挑戦し続ける企業風土。

創業以来、「現場感」を徹底的に重視してきました。これまで、全ての案件に関しまして、クライアント様と直接対話をして進行してまいりました。90%以上の案件がクライアント様との直接取引です。その結果、「必要なサービスは何か?」を考える事が習慣となり、サービス開発に挑戦し続ける風土が醸成され、現在は、EC事業総合支援の提供が可能になっております。このような企業風土は、目まぐるしく変化するWebの世界では、必要不可欠であると、私たちは考えております。

自社ドメインEC・Webマーケ支援専門による
「経験と実績」。

独自ドメインのEC支援実績が豊富です。楽天やAmazonといったモール系の支援は提供しておりません。支援領域を「ギュッ」と絞っているため、蓄積される情報の質とスピードが圧倒的に違います。全社的に「経験」と「実績」、つまり足腰の強さが特徴です。一例をご紹介しますと、出稿媒体であれば、1軍・2軍・チャレンジ媒体とレベル分け管理されており、データを蓄積しております。また、ABテストの実績も2千件以上の実績を持ち合わせております。

クライアント様と共に「壁を突破」する覚悟。
実行に必要な「リソースマネジメント」。
1人あたりの対応案件数を制御しております。

投資効果の高い施策に絞り、ABテストやPDCAを実施していても、事業が伸び悩み停滞することがあります。また、事業拡大という方針に合わせ、獲得CV数を増やす運用に切り替えると、獲得効率(CPO・CPA)が悪化するといった踊り場は必ず発生します。その際、弊社では、これまでの経験を駆使して「要素」を洗い出し、課題に正面から向き合い、PDCAを積み重ね、絶対に諦めない「熱量」で、幾度となく突破してきました。その背景には、これらの動きを実現するために、1人あたりの対応案件数を制御しております。

TV・新聞といったWeb以外の連動実績。
EC・通販事業最大化という「事業ミッション」 を
常に重視します。

メーカー企業様のEC事業支援が多いため、TV・新聞といったWeb以外の媒体を利用されているケースが多いです。
また、29分のインフォマーシャル連動のECサイト支援は、国内でもトップクラスの実績数を持ち合わせているため、Web・ECの戦略をどのように構築し、運用すればよいのか?といったテーマは、得意領域の一つとなっています。

関連項目のリンク