AI時代こそ【なぜ?】と【感覚】を

 

『BIGデータ解析・AI』。

仕事柄、知らないうちに恩恵を受けていたり、関与する機会が増えていますが、最近思う事があります。システムやロボットが人をサポートしてくれる時代こそ【なぜ?】と「経験」から生まれる【感覚】が、とても大切なのではないか?と。

 


【目次】

1) 「答え・正解」ありきの習慣の危うさ

2) 現場力の物差しにもなる「なぜ?」


 

 

 

1) 「答え・正解」ありきの習慣の危うさ


 

Googleさんが提唱している効率的な広告運用に必要な『3つのA』。

Audience(オーディエンス)Automation(自動化)Attribution(CVへの貢献度)

Google広告やGoogleアナリティクスでは、どんどん機械化されています。

 

特に、バンディットアルゴリズム(多腕バンディット)は素敵で、複数のクリエイティブを登録しておけば、最も効率の良いパターンを選択してくれたり、配信設計においても、Googleさんが自動で効率の良いパターンを採用してくれます。

 

・インハウス化を考えている事業主さんにとっては強い味方になってくれそうです

・新人さんが運用しても一定のパフォーマンスが出せそうです

 

 

ただ、ここには落とし穴がありそうです。

 

 

先日、取引先への訪問時、経営者Aさんとこんな会話がありました。

 

親しい大学の先生が『卒論の大半が同じ内容で、ネットで入手した情報が、そのままレポートに・・・という時代があった』と。(一度は聞いた事がありますよね)

 

その話しを聞いて、研究者でもある経営者Aさん

 

「考える力、疑問を感じる力、創造力、応用力を養う機会を自ら失ってしまっている」と。なるほどなと感心しました。

 

 

先ほどのGoogleさんの話しに戻しますと、例えば5パターンあるクリエイティブから、正解を導き出してもらっても、事業へのインパクトとして本当に正しいのか?もっと他の選択はないのか?という問いに

 

・思考停止になる人

・考えて創造できる人

 

二極化を考えて運用に携わる必要がありますね。

 

マニュアルありきの思考不要な仕組みづくりが必要な現場もありますが、デジタルマーケティングの現場においては、システムやロボットに依存せず、支配されるのでもなく「なぜ?」を持ち続け「創造」できるポジションを、誰が担うか?が非常に重要ですね。

 

 

2) 現場力の物差しにもなる「なぜ?」


 

先日、私たちの現場でこんなことがありました。

 

ビッグデータ解析案件の現場でのことです。

 

正解を導くために、過去データのクレンジングからスタートするのですが、私たちのような外部パートナーでは疑問に思えない「数値」をクライアントさんからの指摘で見直す工程がありました。

 

そのクライアントさんが違和感に感じる箇所を確認してみるとミス・齟齬がありました。

 

 

振り返ってみれば、こちらのクライアントさん。

mtg現場では、数値と言いますか「自分たちのお客様とは?」への意識が習慣化しています。

 

そんな現場を見ていて、先ほどの研究者&経営者Aさんとの会話を思い出しました。

実はこちらのAさん、斬新な製品を世に送り出し続けてきた「知る人ぞ知るスーパーマン」です。

 

壁を突破して、新たに何かを創造するには、

 

・基本姿勢 → 「本当にそうなのか?」「なぜ?」

・練習 → 「場数」が必要

・応用 → 極限まで考えると思考停止状態に → 創造力・インスピレーションへ

 

というのが本質で、どんなことにも通じると思うなぁ。と教えてくださりました。

 

私たちの現場もそうです。

 

 

・レポート上の数値をそのままの「数値」として捉えてしまうのか?

・その裏にある「要素は何か?」まで考える事までできるのか?

 

 

自動化・機械化が進む世の中において「なぜ?」という視点が、現場力の物差しになりそうですね。

 

 

ありがとうございました。

 

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
コンサルティング事業部