お知らせ・News, 就職・転職の豆知識, 業界情報

EC業界・ネット広告業界・Webマーケ業界への就職・転職を目指している方へ(2回/全3回)

EC業界・ネット広告業界・Webマーケ業界への就職・転職を目指している方へ

(新卒・社会人3年目くらいの方向け)

私だったら欲しかった情報を、3回に分けて発信していきます。

こちらの記事は、第2回目の記事となります。

対象職種は、営業・広告運用者・エンジニア・デザイナー、マーケティングプランナーなど、全職種に共通するテーマを考慮して整理しました。

EC・ネット広告・Webマーケティング業界への就職、転職は未経験者には、難しいのでは?何が必要なのか?など、不安を抱えている方にとって、何か一つでも参考になれば幸いです。

今回は、EC業界・ネット広告業界・Webマーケティング業界への就職・転職を目指している方へ(第1回)の記事でご紹介した「4テーマ」に入る前に、企業による「環境」の違いを共有していきたいと思います。

 


「環境」で自身の成長モデルが決まる

ここでの「環境」とは、自身が業務を遂行する「環境」を指します。

2つあります。

1)社内ルール・仕組み化などが「完璧」な環境。
2)     〃      が「曖昧」な環境。

以上の2つです。

トレードオフといいますか、陰陽といいますか、

どちらが良い悪いではなく、それぞれの環境で体得できるコトと、消化不良なコトがあり、自分がどのような成長を遂げたいのか?で選択すべきと考えます。

 

それぞれ確認をしていきましょう。

 

【環境A】社内ルール・仕組み化などが「完璧」

 

<体得できるコト>

  • 「仕組み化やルール」によるメリット・デメリットを体験できる
  • 業務が遂行しやい。環境による「出来ない」が少なくなる
  • 悩み・迷いが最低限で済むので、案件を多くこなせる

 

<消化不良なコト>

  • 自身で考え・判断して・行動する範囲が狭くなりがち
  • ルール厳守が正になり、挑戦「できない」が多くなりがち
  • 固定業務が増え、深く関与「できない」が多くなりがち

 

実際のところ「完璧」な仕組みやルールというのは存在しません。

ただ、多くの人が働きやすいという印象を受けるのが、こちらの環境かもしれません。

一方で、ベンチャー企業を好む方には、「完璧」な環境は物足りなさを感じると思われます。

ちなみに、私のように、ベンチャー企業を好む方は、仕組み化・ルール化といった観点が弱いという傾向もあるので、「完璧」な環境は、体制・仕組みという点では、特に多くを学ぶことができそうです。

 

【環境B】社内ルール・仕組み化などが「曖昧」

 

<体得できるコト>

  • 考えるコトが多くなり「思考力」が身につく
  • 裁量を持てる可能性が高く「成功・失敗の経験値」が増える
  • 業務範囲が増えるので「適応力」が身につく

 

<消化不良なコト>

  • 「仕組み化・ルール」を、自分で考える必要がある
  • 固定業務が少ないので、時間に追われる
  • 悩み・迷う機会が多く、対応案件数は限界がある

 

得られるコトを考えると、とても魅力的です。

ただ「完璧」な環境を求める方からすると、色々と不安・・・。だと思います。

一方、将来的に、組織の中で一定のポジションを担う世代になった時、体得した「適応力」は大きな武器になりそうです。

 

では、異業種から、EC・ネット広告・Webマーケ業界への就職・転職を考えている方は、どちらの選択が良いのか?を考えてみましょう。

 

 

どちらの選択が良いのか?

こればかりは、正直分かりません。

異業種から飛び込んで、最初の企業に骨を埋める方もいるでしょうし、言葉は悪いですが、異業種からの転職1社目は踏み台にして、2社目を考えて1社目を選択する方も、いらっしゃると思います。

また、最終的には「起業するんだ!」という方もいると思います。

(当社は、踏み台になるは、嫌です・・・永く一緒に働きたいです)

 

選択時に大切なことは、

 

・こうありたい「理想」の自分

・こう歩みたい「本当」の自分

 

を、しっかりと分別して考え、選択する事が大切かもしれません。

 

また、どのような環境を選択しても、皆さんが考えているように

『想定と違った』は、大なり小なり必ず発生します。

 

想定との違いは、2つに分類されると思っています。

 

A)自分自身の認識   B)環境

 

こちらの2つです。

 

B)はコントロールが難儀なので、事前にA)の「自分自身」が思っていた自分と違った」という状況を軽減するためにも、第1回の記事で触れました「4テーマ」は、自己分析を兼ねて意識する事を、お勧めします。

 

 

まとめ

「環境」は不可抗力と捉え「正解・不正解」と解釈しがちですが、全てが正解。という観点を持って、自分が成長できる領域を探した方が、損か?得か?と言えば、お得に決まってますよね。(自分が壊れてしまうような劣悪な環境は、速攻で逃げるべきですが)

 

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社

宇都 雅史