ABテスト 実践編

ABテストツールの設定方法【Googleオプティマイズ】

ABテストを行う際、A案・B案・C案など複数のクリエイティブを自動で出し分けしてくれるツールを利用することで工数を削減しつつ正確なテストを実施することができます。今回はGoogleが提供している無料ツール『Googleオプティマイズ』でABテストを実施する方法をご紹介します。

【目次】
1.『Googleオプティマイズ』で出来ること
2.3つのテストタイプ
3.対象者/目標設定
4.終わりに

1.『Googleオプティマイズ』で出来ること

例えば「ECサイトで購入率を高めるコト」が目的の場合、

購入率(CVR)を左右するいくつかの要素(ex.キャッチャッチコピー、イメージ画像、レイアウト、デザインカラーなど)を複数のクリエイティブパターンでテストすることで、購入率(CVR)に貢献してくれるパターンを絞り込むことができます。

声の大きい誰か一人の価値観や、社内の意見に頼ってページやサイトのデザインを決めるのではなく、複数のデザインパターンを実際のユーザーを前にテスト(表示)を行い、その結果をわかりやすく確認することを可能にするのが『Googleオプティマイズ』です。

※補足)
『Google アナリティクス』と『Googleオプティマイズ』、それぞれのアカウントが必要です。また、テスト設定時にオプティマイズタグのインストール(タグ設置)を求められますので、手順に従いタグ設置を行う必要があります。

2.3つのテストタイプ

『Googleオプティマイズ』のテストには3つのタイプが存在します。
①A/Bテスト
②多変量テスト(MVT)
③リダイレクトテスト

【テストタイプ①:A/Bテスト】
同じページ内において複数パターンのテスト設定を行い、オリジナルとテストパターンをランダム表示してそれぞれの成果を調べるためのテストパターンです。

「エクスペリエンス名(=テスト名称)」、対象ページURLを入力しテストを立ち上げます。
「ターゲティングとパターン」で、パターンを追加し設定を行います。(下図参照)

パターン名設定後、「編集」からテスト内容の設定を行います。(下図参照)

編集はhtmlを記述することも可能ですが、直感的な操作方法になっているためhtmlの知識が豊富でなくとも実施は可能です。

今回はヘッダーのテキストを編集します。編集画面に遷移後、変更を加えたい箇所にカーソルを当て、右下にある編集用ナビゲーションの「要素を編集」をクリックします。(下図参照)

メニューが表示されますので、「テキストを編集」をクリックします。(下図参照)

編集モードとなり、テキストを書き換えられるようになります。
テキスト編集後、右下の「完了」ボタンをクリックし、画面右上の「保存」ボタンをクリックし、右上のボタンが「完了」ボタンになったら再度クリックしパターン編集を終了します。(下図参照)

テスト内容の編集は以上です。以降の設定は後ほどご紹介します。

【テストタイプ②:多変量テスト(MVT)】

複数箇所のテスト要素を掛け合わせて同時にテストし、最適な組み合わせを導くテストパターンです。

「+パターンを追加」をクリック、パターン名を決定後、パターン名の右側にある三点リーダーをクリックし、【テストタイプ①:A/Bテスト】でご紹介した内容と同様にテスト内容を編集・設定します。(下図参照)

パターンA-1で「お問い合わせ電話番号」を削除、パターンB-1で「セミナー案内のバナー」を削除しました。
この場合、オリジナルとパターンA-1・B-1をそれぞれ組み合わせて4通りのテストを実施することになります。(下図参照)

※補足)
A0:オリジナル(電話番号あり)
A1:テストパターン(電話番号なし)
B0:オリジナル(セミナー案内バナーあり)
B1:テストパターン(セミナー案内バナーなし)

【テストタイプ③:リダイレクトテスト】

異なるページで比較するテストパターンです。事前にテストページを用意し、オプティマイズでリダイレクト設定のみを行います。

これまでと同様「パターンを追加」をクリックした後、「オリジナル」と「パターンページ」の合計2ページでテスト設定をする場合は、「1つのページへリダイレクト」にチェックを入れ、URLを入力し、右上の完了ボタンをクリックし、テスト設定を終了します。(下図参照)

3.対象者/目標設定

ターゲティングとパターンの設定後、ページターゲティング、オーディエンスターゲティング、目標の設定を行います。

【対象者の設定】
ページターゲティングは元から記述されています。変数追加など、編集する場合は右側の鉛筆マークをクリックし編集します。

オーディエンスターゲティングは、デフォルトだと「すべてのユーザーが対象」になっています。絞り込む場合は右側の「カスタマイズ」をクリックし編集します。(下図参照)

例えばモバイルユーザーのみを対象にしたい場合、「デバイスカテゴリ>値>mobile」を選択し、追加します。(下図参照)

【目標の設定】

目標は、『Googleアナリティクス』の「ビュー」で作成した目標が表示されるため、事前に作成しておく必要があります。目標は、例えば、トランザクション数、収益などが一般的です。

「テスト目標の追加」をクリックし、「リストから選択」を選択します。(下図参照)

最後にオプティマイズのインストール確認を行います。

設定のオプティマイズのインストール右側にある「インストールを確認」をクリックします。
対象ページにオプティマイズタグが正しく挿入されていれば完了です。

もしタグが挿入されていない場合はエラー表示が出ますので、表示内容に従いタグの追加を行います。
また、アナリティクスのトラッキングコードも必要となります。挿入後、「再試行」ボタンをクリックし完了します。

その他、「カスタマイズ」という、一時的なテストではなく恒久的に対象ページに変化を加えることのできるメニューもあります。ページ内にバナー設置をしたい場合、テキストリンクを変更など様々なシーンで利用可能です。

4.終わりに

いかがでしたか?

一番取り組みやすいテストタイプは、【テストタイプ①:A/Bテスト】だと思いますので、使いやすい領域からチャレンジしてみてくださいね!

簡単な操作でクリエイティブのテストが実施できるため、ぜひお試しください。
以上となります。


ご案内

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
弊社では、広告運用や成果報酬型ABテストなど、各企業様の課題に応じたWebマーケティングの施策をカスタマイズでご提案できます。
また、弊社内で蓄積・体系化されたノウハウを活用した体制・仕組みづくりまで、総合的なご支援が可能です。
お悩み・ご相談などございましたら、お気軽にご相談ください。

▼ ABテストに関するセミナー動画を無料配信中です!

※詳細コンテンツはこちらをクリックしてください。

▼ Web広告のマネジメントに関するセミナー動画を無料配信中です!

※詳細コンテンツはこちらをクリックしてください。

”売上”を大きく左右する「Webページ読み込み速度・表示速度」前のページ

ABテストの事例【CTA:購入ボタンの色編】次のページ

関連記事

  1. ABテスト 基本編

    ABテストの進め方・やり方_概要編

    ABテストを進めるにあたり、スタート地点で最も重視したいのは「伝える…

  2. ABテスト 実践編

    ABテストの分析方法【カイ二乗検定】

    ABテストを行ってみると、Aの方が良いのか、Bの方が良いのか、甲乙つ…

  3. ABテスト 基本編

    今さら聞けない!「ABテスト」

    ネット事業を活用する企業にとって「サイト改善」は永遠のテーマ。なかで…

  4. ABテスト 実践編

    ABテストの方法【LP(ランディングページ編)】

    「誰に」「何を」「どうやって」自社の製品・サービスの魅力を伝え、利用…

  5. ABテスト 実践編

    ABテストの方法【メルマガ編】

    「誰に」「何を」「どうやって」自社の製品・サービスの魅力を伝え、利用…

  6. ABテスト 実践編

    ABテストの方法【バナー広告:オーディエンス設定編】

    「誰に」「何を」「どうやって」自社の製品・サービスの魅力を伝え、利用…

おススメのコラム

  1. 今さら聞けない!「ABテスト」
  2. ABテストの進め方・やり方_概要編
  3. ABテストの分析方法【カイ二乗検定】
  4. ”売上”を大きく左右する「Webページ読み込み速度・表示速度…
  5. ABテストの事例【CTA:購入ボタンの色編】

書籍のご案内

ECの総合支援サービス『ECフルポート』

PAGE TOP